Mayaと一緒

MayaとNinaの成長日記
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 犬との出逢い・・・④TOP昔のおはなし ≫ 犬との出逢い・・・④

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

犬との出逢い・・・④

1代目 柴犬のコロ。 2代目 セントバーナードのチュッピー。そして3代目として我が家にやってきた紀州犬のシロ。


シロはと~っても376病院嫌い61ある日ワクチンの304注射で父親が散歩がてら連れて行こうとした。が、病院に着く3つ前の曲がり角で察知したのか、ガンとして動かない。


しかたなく帰ってきた父親とシロ。さ~てどぉするか361 父親が近所の軽トラを借りてきて荷台に短くくくりつけ、私も一緒に荷台に乗り込み再出発355 しかしシロは解っているのか、ジタバタ329 そして途中でシロが飛び降りようとし、首吊り状態に330 私は大声をあげ、軽トラを止めた。


そして再々出発。 376病院の前に着きシロは降ろさずそのままで、先生を呼んできた。父親が股の間にシロをはさみカラーをグッとつかみ、その状態で304完了。 そしてそのまま帰宅。 


幸い病気もすることが無かったので年に2回、これを繰り返した。


シロの散歩はほとんど、祖父がしていたので一番なついてたように思います。そして近所のおじさんも大好きで、家にシロがいないと、そのおじさんと散歩に行っている事もしばしば。


父親も可愛がっていたが、昔気質の父親なのでシロが悪さをしたりすると、シロは叩かれていた。444


そしてシロの大好物はちくわ。毎朝、母親が台所にたつと催促するように「ワン」と呼ぶ。しつこく吠えることは無かったそうです。そうすると、母親は冷蔵庫からちくわを取り出し、シロにあげる。そうするとシロは満足し、朝ご飯や散歩の時間までおとなしくしていた。 毎日の日課だ。 だから冷蔵庫のちくわはシロのもの。人は食べてはいけません。(笑)


そんなシロは別名「しし丸


P1000402.jpg


ある日の夜、毎日のようにプールやグランドゴルフなどと元気だった祖父が、真っ青な顔して脂汗をかきながら自分の部屋から出てきて(父親は仕事でまだ帰宅していないので)「○○さん(近所の人)に病院に連れて行ってくれ」と言い、仕舞いには「救急車473呼んでくれ」と必死言ったのです。祖父は病院嫌いなのに自らそんな事を言い、事の深刻さは伝わってきた。


473が到着した。シロは普段、ムダ吠えもしなかったが、この時はワンワン吠え少し狂ったようにおしっこをしながらグルグル回っていた。このシロの行動でも、祖父が危ない事が解った。


そしてのまま意識を取り戻すこともなく、脳死になり2日後に息をひきとった。私が高校2年生でシロは6才の出来事でした。



つづく・・・



P1000420a.jpg
 


にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。