Mayaと一緒

MayaとNinaの成長日記
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ 長い夜。TOPMaya ≫ 長い夜。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

長い夜。

病院をあとにし、KOO HOUSEへ。

アタシの頭の中はポカ~~~~~ンとした感じだったかな。



この日は元々、KOO HOUSEにマヤと一緒に泊めてもらう予定だったけど、こんな事になり

迷惑招致でお願いした「泊めてもらってもいいかな?」と。

何かあったら先生から連絡が入るし、病院からKOO HOUSEが近いから。

yuukiちゃんたちは快く承諾してくれた。ありがとう。




ちょっと余談・・・

この日の病院の診察が終わってから、もぉ一度マヤの様子を教えて欲しいとお願いし先生から連絡をもらうことになっていて
連絡先&緊急連絡先を自分の電話番号を記入しようとしたんだけど、緊急連絡先に自分の携帯番号を書いてもダメじゃん!
外に居たyuukiちゃんを呼び緊急連絡先をyuukiちゃんの携帯と家の電話番号を書いてもらい、この日はこちらに電話して下さいとお願い。

何故なら、アタシの携帯はソフトバンクのiPhone。

電波悪いです!電波悪いです!電波悪いです!!・・・3回言ってみた。
特にKOO HOUSE地方、特に入りにくいです!!

CMで「スベテノ ヒトニ アイヲ」なんて言ってないで、「ユーザー スベテニ デンパヲ」だろーーーー!!

しっかし、緊急連絡先にできないソフトバンクって、どぉなんだろう・・・と思いました。





話しは戻り・・・


KOO HOUSEで食事をしていると、先生から電話が!

マヤの状況は変わらないと・・・。


この日、先生はマヤの前で布団を敷いて寝てくださるとの事。

そしてマヤが急変したら直ぐに連絡をくださるとの事。

こぉゆぅ病院、先生に診てもらえるって本当に安心しますよね。
 

アタシもyuukiちゃんも「先生、お願いしますっ!お願いしますっ!!」と祈る思いで先生に伝え電話を切った。




最初から3人&2犬で楽しい食事会になるはずか、重苦しい食事会に・・・。

何を言っても、何を考えても状況は変わらない。

こんな事態になってはしまったけれど、アタシたちはこれ以上ない最善の方法で今いるのだから

「これで良いのだ!」と、これ以上悪いことを言ったり考えたりするのはよそう!と3人で言い、そして明るい話題へ。

でもやっぱり話は戻り、また「これ以上のことはないよねっ!」とみんなで納得し合う。



ふとっちゃん(旦那さま)は早朝から仕事のため先に寝られ、アタシとyuukiちゃんは何を話してたんだろう・・・?

マヤの話しだったかな?アタシ、うろ覚え・・・。


2時も過ぎ、そろそろ寝ることに。



yuukiちゃんの携帯はアタシが寝させてもらうリビングで充電器にさされた状態。

この携帯、そして家の電話が鳴ったらおしまい。。。

鳴らない事をひたすら祈った。。。

案外、寝れるかも!?と思っていたけど、この日一日のマヤの様子が頭の中でグルグルめぐり。

ウトウトすることもなく、眠くもならず、アタシの脳みそはフル稼働状態。


ずっとそんな状態で5時、ふとっちゃんとKOOちんが起きてきた。

ふとっちゃんは仕事へ出かけ、KOOちんはしばらくアタシの傍で寝てくれていた。

KOOちんも分かっているんだろうなぁ・・・と感じました。




休診日のこの日、先生のご厚意でマヤに会わせて頂けることになっていたんだけど悩みました。

少し元気になっていたら、きっとアタシの顔を見たら「帰りたい!帰りたい!!」と言うにきまってる。

2泊は入院が必要だから、この日に帰れるわけもないし・・・

だからマヤには会わない方がいいだろうと、アタシもyuukiちゃんも考えてました。

そしてyuukiちゃんが「どぉ~するぅ~!マヤ、めっちゃ元気になってワンワン吠えて「出せやーー!!」て言うたら」

なんて冗談言いながら、いやそぉなることを願う言葉だった。




約束の時間にyuukiちゃんの車で病院へ向かい、病院の駐車場に車を停めた瞬間


ワン!ワンワン!!


間違いなくマヤの声・・・

アタシとyuukiちゃんは顔を見合わせ、笑った。そして胸を撫でおろした。



待合室へ入り先生に挨拶をし、そして聞きました 「マヤに会わない方がいいですか?」と。

すると先生は「マヤちゃん会いたがってますから、会ってあげて下さい」と笑顔で仰ってくださいました。



ドキドキしながら病室へ行くと、エリカラをしたマヤがケージの中でぴょんぴょん跳びはねながらアタシたちに向かってワンワン

見るからに超元気・・・

もぉ~、ホッとするやら笑えるやらで・・・

そんなマヤの前で先生の話しを聞くと・・・。 

あっ、この間ずっと「出せや!出せや!」と訴え続けてます・・・マヤ。アタシたちの話す声がみんな聞き取りづらいくらいに・・・



2時すぎまでは何度も嘔吐を繰り返し、そして血便(下痢)もしていたそうで、しかし3時ごろになると少し楽になってきたのか
マヤが口で点滴を外そうとしたのでエリカラを付けられたそうです。

※アタシは知っています…マヤがケージに入れられ苦しそうにしながらも点滴を外そうとしていたのを・・・知っています^^;


マヤは夜中、何度も何度も吐き毒を出そうと、がんばっていたそうで・・・

たしかにケージの下に敷かれている新聞紙がかなり濡れていました。


先生が「マヤちゃんが苦しそうに「う~ん う~ん」と唸っている方が良かったんです。その声が聞こえなくなると・・・不安でした」と。

先生、本当に寝ずにマヤの傍にいてくれたんだと思うと、本当に嬉しかった~。 
 


ワンワン叫んでるマヤのケージの前にA4縦の用紙に幼い字で

「はやく元気なってね」という文字と犬のイラストが描かれたものが貼ってありました。

マヤが退院する時に聞いたら、先生のお子さんが描いてくれたものでした。

それを見た時も涙が溢れてきたなぁ。。。



先生に、「もぉマヤ、大丈夫ですか!?」と聞くと、前回の記事にも書きましたが

良くなった!と思っていても具合が悪くなり、多臓器不全で亡くなってしまうケースがあるので注意しなければならないと・・・。

「でも、これだけ回復しているので、たぶん大丈夫だとは思いますが」と先生。



マヤは、もぉ1泊入院しなければならないので、先生に宜しく伝えると

「2,3時間、外出しなければならないので、その時はスタッフを呼んでおきますから。その後はまた私がマヤちゃんを見てますね」

と、本当に安心できる言葉をかけて下さり、病院をあとにする事ができました。




そしてこの後は先に書きました「退院しました。」の記事になります。







がんばったマヤにぽちっとヨロシクです141にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ

 

 

  

 


Maya | Comments(-) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。